40代 急に髪が薄くなる

40代になって急に髪が薄くなる原因は?

2年前に40代になってからというもの、急に髪が薄くなりました。

 

これまではさほど気にならなかったのですが、地肌が透けて見えるように感じることもあり、真剣に悩んでいます。

 

この薄毛の原因は一体何なのでしょうか?

多くの女性が薄毛・抜け毛を自覚し始めるのが40代と言われています。

 

その原因はスバリ「女性ホルモンの減少」。

 

女性ホルモン「エストロゲン」には、髪を育て、毛髪の成長期を維持する働きがあるのですが、そのエストロゲンが減少することで、髪の量が減ったり、髪質が変わって細い猫っ毛になったり、髪の色が薄くなったりして、薄毛を実感するようになります。

 

また、エストロゲンの量が減ることで、髪の成長期を維持することができなくなり、せっかく生えてきた毛が途中で抜けてしまうことが、中高年女性の抜け毛の原因にもなっています。

 

こうしてエストロゲンが減ることにより起きる、女性特有の薄毛や抜け毛のことを「びまん性脱毛症」「女性型脱毛症」と呼びます。

 

ご質問者さまの場合、地肌が透けて見えるように感じるとのことで、全体的に髪が薄くなる「びまん性脱毛症」に該当すると考えられます。

 

この場合、薄毛の原因は女性ホルモンの減少であることがわかっているため、女性ホルモンのバランスを整えるための対策が取れれば良いのですが、本格的なホルモン治療となると婦人科や皮膚科にかかる必要が出てきます。

 

女性ホルモンの減少は、更年期の症状とも重なると考えられるので、イソフラボンを含む食べ物をとったり、その他、女性ホルモンを増やすための対策を取るのも効果的かと考えられます。

 

また、髪の健康を保つという面からアプローチする場合、生活習慣を整えることが薄毛・抜け毛の予防に効果的です。

 

成長ホルモンが活発に働く夜10時から深夜2時までの間はしっかり眠るようにする、髪に栄養を与えるため、バランスの良い食事をとることなどは、当たり前のことですが髪の健康にも効果的な生活習慣です。

 

髪や頭皮に直接アプローチする方法としては、頭皮の血行を良くするためのマッサージや、髪にやさしいシャンプーを使うことなども、薄毛や抜け毛対策には良いでしょう。

 

頭皮マッサージをするときには、当サイトでご紹介している、女性向けの育毛剤を使うと、有効成分を頭皮に浸透させながら、より効果的に血行を促進することができます。ぜひ、試してみてくださいね。