夏 頭皮トラブル

夏が近くなると頭皮トラブルを起こすのはなぜ?

毎年夏が近くなると頭皮がかゆくなったり、抜け毛が増えたりと、頭皮と髪の状態が悪くなります。

 

これは一体何が原因なのでしょうか?

 

最近髪の量が減ってきて、とても気になっています。

春から夏にかけての頭皮トラブルの原因は「乾燥」と「紫外線」です。

 

乾燥がひどいのは冬だというイメージがありますが、実は5月くらいの過ごしやすい気候のときは、冬と同じくらい空気が乾燥しています。

 

そこに輪をかけて、強くなる日差しとともに紫外線によるダメージが頭皮に襲いかかり、頭皮トラブルにつながるという訳です。

 

頭皮の状態が悪くなることで抜け毛が増えてしまいます。

 

梅雨に入るくらいまでは、頭皮の乾燥と紫外線対策に気を配ることで、毎年の気になる症状を和らげることができるでしょう。

 

乾燥と紫外線対策はお肌の場合とほぼ同じですが、頭皮には髪が生えているため、髪の毛に対しても乾燥と紫外線対策が必要になってきます。

 

乾燥を防ぐために、頭皮用の保湿ローションなどを使うのも良いでしょう。

 

頭皮の乾燥による皮脂詰まりを防ぐためには、ヘッドスパなどがお勧めです。

 

普段はヘッドスパをやらないという人でも、この時期に特別なお手入れとして取り入れると良いでしょう。

 

また、シャンプーのときはできるだけぬるま湯ですすぎます。

 

高温のシャワーは皮脂を洗い流し過ぎて、乾燥の原因となってしまいます。

 

シャンプーの回数もできるだけ減らし、普段よりやさしく洗い上げるタイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

頭皮にかかる負担を減らすことが、頭皮を守ることにつながります。

 

紫外線対策は、帽子や日傘で直射日光を避けるのが一番です。

 

それができない場合は、スプレータイプの日焼け止めなどで頭皮と髪を保護しましょう。

 

分け目やヘアスタイルをこまめに変えて、日光が当たる場所を一定にしないことも紫外線対策になります。

 

最近は、UVケアができるトリートメントなどもあるので、髪の紫外線対策にはそういったものを使うのも効果的です。

 

頭皮に直射日光が当たると抜け毛の原因になるだけでなく、毛母細胞の働きを低下させてしまいます。

 

どんどん抜けるのに、なかなか生えてこないという悪循環に入ってしまいますので、健やかな髪と頭皮を保つために紫外線対策は必須です。

 

今年の夏はこれらのことに気を付けて、頭皮トラブルのない快適な生活を楽しんでくださいね。