アラサー 加齢ハゲ

【結構ヤバい】最近増えてるアラサー女子の「加齢ハゲ」ってどんなもの?

髪の薄さに若い頃からずっと悩んでいるアラサー女子です。

 

最近、ネットの情報で、普通なら40代、50代の人に起こる「ハゲ」がアラサーでも起こることがあると見かけてビビッています。

 

今以上にハゲたら本当にシャレになりません。アラサー世代のハゲの原因ってどんなものなんでしょうか?

一般的に薄毛は、加齢が原因で起きることがあると考えられています。

 

しかし現代では、アラサー女子など若い世代にも加齢ハゲが起きることが増えてきているのが現状。

 

アラサー女子に急増している加齢ハゲの原因として挙げられているのは、目の疲れや肩や首のコリ、過剰なダイエットなどです。

 

これらの症状を放置してしまうと頭皮や毛根にダメージが加わり、若い女性であっても加齢による薄毛と同じような状態が引き起こされてしまうと考えられています。

 

 

アラサー女子の加齢ハゲと呼ばれる薄毛の症状には、特に目を酷使していることでの頭皮のむくみ、硬さが関係していると思われます。

 

血行不良が起きてしまい髪の毛が育ちにくい環境になってしまうことから目元にホットタオルを当てたり、眼球を動かすエクササイズなどを行って目の疲れを解消させましょう。

 

同様に首や肩のコリをほぐすことも大切だとされているので、肩や腕を大きく回すような動作やストレッチを取り入れてみてください。

 

 

女性には過剰なダイエットを行う人がいますが、あまり無理な食事制限をしてしまうと栄養不足が起きてしまい、頭皮や髪に栄養が行き届かなくなってしまうことがあります。

 

そうなってしまうと女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、エストロゲンの分泌が減ることもあり、薄毛の原因となることがあるため、栄養のバランスがよい食事を摂りながら運動を取り入れた健康的なダイエットを行いましょう。

 

アラサー女子の薄毛を防ぐためには規則正しい生活、バランスのよい食事がポイントとなります。