髪に良い 生活習慣

髪に良い生活を送るために、日頃から気を付けておきたい生活習慣とは?

髪に少しでも良い生活を送りたいと、生活習慣を改めようと考えています。

 

髪に良い生活を送るために、日頃から気を付けておいた方が良いのは一体どういうことでしょうか?

髪は女の命。だからこそ、命を育むもととなる生活から改めようという心構えは大変素晴らしいと思います。

 

髪に良いこと、と言ったとき、我々はすぐにやれシャンプーだ、育毛剤だと髪や頭皮に直接働きかけることを考えてしまいますが、その髪や頭皮は、体の中から作り出されているもの。

 

つまり、毎日の生活を髪にとって良いものにすることで、体の中から髪の質や量を変えていくことが可能なのです。

 

では、体の中から髪や頭皮に働きかけるには、どういったことが効果的なのでしょうか。

 

 

それはまず「食生活」を変えることなのは間違いないでしょう。

 

バランスの良い食事を心がけ、健康な体を作ることが、ひいては健康な髪や頭皮を作ることにつながっていきます。

 

しかし、ただ漠然と「バランスの良い食事」では、どう改善して良いのかわかりませんよね。

 

そこで、髪に良い食品、控えた方が良い食品をご紹介します。

 

 

まず、髪に良い食品ですが、昔から、黒ゴマやわかめ、ひじきや昆布、海苔などの「黒い食品」は髪に良いと言われています。

 

これらにはミネラルが豊富に含まれることがその理由です。

 

毎日の食事の中に、意識して取り入れることで抜け毛や白髪を予防することにつながります。

 

 

そして、髪にとっては控えた方が良い食品。

 

これは、味の濃いもの、脂っこいもの、刺激の強いものになります。

 

味の濃いものや刺激の強いものは、頭皮に炎症を起こす原因となります。

 

抜け毛を防ぐためには健やかな頭皮を保つことが肝心。

 

そのためにも、刺激物を避けることが大切になってきます。

 

また、脂っこいものを食べすぎると頭皮の皮脂の分泌が増えるため、毛根に皮脂がつまり、発毛や正常な育毛を妨げてしまいます。

 

こうしたことから、揚げ物やスパイシーすぎる料理、カフェインなどはできるだけ控えた方が良いでしょう。

 

 

1日3度の食事を変えることを1ヶ月ほど続ければ、明らかな体調の変化を感じることでしょう。

 

それが体質改善へとつながり、健やかな髪と頭皮へとつながっていくことは間違いありません。

 

髪に良い生活習慣は、まずは食生活の改善から。ぜひ、お試しください。