女性 薄毛改善 育毛メソッド

美髪を取り戻す!薄毛に悩む女性のための育毛メソッドとは?

女性

 

年を取ったら女性の薄毛は仕方のないこととあきらめていませんか?

 

現在、薄毛で悩んでいる20歳以上の人は何人くらいいるか?
あなたはご存知でしょうか?

 

なんと、男女合わせて4200万人超と言われています。

 

育毛剤の普及や髪に優しいシャンプー、コンディショナー、トリートメントなどが開発されたことで、ヘアケアアイテムは充実しているように見えます。
そのいっぽうで、髪の悩みを抱える人は増えるばかり。

 

ではどうすれば、薄毛を抑え、安全で堅実な育毛ができるのでしょう?
実は年齢に関係なく、ふさふさと美しい黒髪が再生される、女性のための育毛メソッドがあるのです。
しかも、自宅でも実践可能!

 

当サイトでご紹介している、女性用発毛剤とあわせて実践していただくとさらに実感していただけることでしょう。

 

まずはその前に、薄毛になる原因について見ていきたいと思います。

 

薄毛になる8つの原因

ヘアケア

  1. 紫外線
  2. 大気中のゴミなどの外的刺激
  3. 水道水の塩素
  4. シャンプーの合成界面活性剤
  5. 頭皮の血行不良
  6. 頭の筋肉のコリ
  7. 生活習慣の乱れによる冷え
  8. 内臓の不調

 

これらの薄毛になる原因を取り除き、すこやか頭皮を取り戻せば年齢に関係なく太く強い髪がまた生えてくるでしょう。

 

育毛は植物の成長過程のステップによく似ています。
頭皮環境を清潔にして、太陽の光のかわりに、血行を良くして育てていくようなイメージです。

 

女性の薄毛予備軍チェックリスト

以下に薄毛になりやすい人の生活習慣を示しました。

  • 頭皮が乾燥しやすい
  • 頭皮が蒸れやすい
  • 運動不足
  • 現在、食事制限ダイエットをしている
  • ジュースやコールドの飲み物が好き
  • シャワーで使用する水は浄水できていない
  • 入浴時、熱めのお湯を使うのが好き
  • 貧血気味
  • 冷えやすい体質
  • 入浴後、髪を乾かすときに根元に温風を当てている
  • 先端の尖ったゴム製シャンプーブラシを使用している
  • ノンシリコンシャンプーを使用している
  • 透明ではないシャンプーを使用している
  • 毎日シャンプーをしない

いかがでしたか?
もしあなたも当てはまっている場合、以下に紹介する「女性のための薄毛改善育毛メソッド」を実践しましょう。

 

「女性のための薄毛改善育毛メソッド」3つ

1、頭皮を整える

なびく髪

頭皮の酸化を避けるため、毎日シャンプーすることが基本!

美しい質感を持った黒髪を取り戻すために大切なのは、ずばり「頭皮」です。

 

一般的に薄毛対策というと、育毛剤を使えばいいと思いがちですよね。
それは間違っていませんが、その大前提として頭皮を健康な状態に戻すことが優先されるのです。

 

植物が豊かに育つには栄養たっぷりの土が必要不可欠なように、頭皮環境を良いコンディションにしておくことはきわめて重要なことなのです。

 

そこで頭皮を整えるマッサージ方法をご紹介しましょう。

 

頭皮マッサージ

マッサージの目的は頭の筋肉をほぐすこと。
頭の筋肉には大きく分けて3つあります。

  1. 「前頭筋」・・・早朝から額のあたりにある筋肉
  2. 「側頭筋」・・・こめかみから耳の上周辺にある筋肉
  3. 「後頭筋」・・・後頭部に広がる筋肉

これらすべてを柔らかくするのが理想です。
とりわけ面積が大きいか側頭筋は積極的にほぐすようにしましょう。

 

マッサージのやり方としては、頭皮を上げ下げして心地よい刺激を与えるようにしてください。朝晩にやることで効果てきめんです。

 

頭皮の汚れを落とす

次に重要なのは頭皮の汚れをしっかり落とすことです。
頭皮には汗や脂、大気中の不純物やシャンプーの残りかすなど、微細な異物が付着しています。
「今日は外出していない」「ほとんど汗をかいていない」などと思っていても頭皮から常に皮脂が分泌しており48時間経過すると酸化します。
そうすると頭皮の常在菌が酸化した脂を食べ始めて、炎症の原因になるのです。

 

毎日髪を洗うと頭皮が乾燥しやすくするため、保湿のためにも2日に1回でよいという人がいますがそれは正しいとはいえません。
皮脂が酸化する前に洗髪するべきなのです。

 

できるならシャンプーは二度洗いするようにしましょう。

 

1回目は、500円玉くらいの量のシャンプーで汚れを落とし、2回目は10円玉程度の量で頭皮マッサージをすれば、髪のダメージは最小限に食い止めることができるでしょう。

 

ちなみに先端が鋭利なゴム製のシャンプーブラシは頭皮を傷つけるだけで育毛促進には向きません。

 

幾層にもなった酸化汚れの落とし方

落としきれていない頭皮の汚れはミルフィーユのように幾層にも重なっています。
そして頑固な歯石のように固まってしまうため容易には落としきれなくなるのです。

 

効果的い汚れ落とすには、シャンプーの前に行うオイルパック。
使用するオイルはマッサージ用の天然成分100%の植物性オイルがおすすめ。
とくにホホバオイルやセサミオイルが扱いやすいでしょう。

 

注意が必要なのは、メイク落とし用オイル。
洗浄成分が強力なのでデリケートな頭皮の汚れを落とすにはあまりお勧めできません。
ほかにも食用オイルも刺激が強いので、頭皮クレンジングとして使用するには適切とはいえません。

 

オイル塗布後は、3分ほど頭皮を上げ下げするマッサージをしましょう。
その後、15分ほど放置し、ぬるま湯で洗い流したあと、シャンプーでしっかり洗い流しましょう。
1回といわず、2,3回洗うと頭皮がよりスッキリするはずです。

 

オイルパックは毎日する必要はありません。
2週間に一度、頭皮のスペシャルケアとして行う程度で、十分効果があるでしょう。

 

2、髪や頭皮に良くないものは使用しない

女性の髪の毛

シャワーの水を見直すだけでも変化が

ドラッグストア等で販売されている市販の育毛剤を使う方法も悪いわけではありません。
しかし、育毛剤の中に含まれる有効成分を浸透させるアルコールが頭皮の乾燥を招くためあまりお勧めできません。

 

それよりも毎日使用するシャワーの水を見直すことの方が、髪の健康という観点から言うと効果が期待できるのです。

 

日本の水道水は、法律によって0.1ppm以上の塩素濃度を保つことが定められています。
殺菌のために必要なこととはいえ、塩素が入ったお湯でシャンプーを続けているとどうなるか?

 

頭皮の健康を守る常在菌が殺されてしまい、頭皮の環境が悪化してしまうのです。

 

これを防ぐには、市販の塩素除去用シャワーヘッドに変えるといいでしょう。
ホームセンターに行けば、安価な値段で販売されています。
現在浄水機能のないシャワーを使っている方は取り替えることをおすすめします。

 

塩素除去用シャワーヘッドに変えるだけで、「髪が健康になって柔らかくなった」と実感する人もいるほど。

 

また、お湯の温度が高い場合も頭皮の乾燥を早めてしまうので注意が必要です。
40度以上は明らかに熱すぎ。
38度くらいのぬるま湯が髪と頭皮、そしてお肌にも優しい温度なのです。

 

合成界面活性剤は皮脂を取りすぎてしまうので要注意!

シャンプーに関しても水と同様に細心の注意を払いたいものです。
数年前からノンシリコンシャンプーに注目が集まり、「ノンシリコンは髪に優しい」と思い込んでいる人が増えました。

 

実は、シリコンが入っているかいないかはそれほど大切なポイントではありません。
それよりも育毛のために最も気をつけることは、「合成界面活性剤」の有無なのです。

 

程度の差があるとはいえ、界面活性剤はどんなシャンプーにも洗浄成分として配合されています。
界面活性剤には、大きく分けると3つの種類があるのです。

  1. 植物や動物の油脂由来の高級アルコール性のもの
  2. 石鹸由来のもの
  3. 天然素材のアミノ酸を加工したもの

このなかで、1つめの高級アルコール性が「合成界面活性剤」に該当します。

 

ではなぜ「合成界面活性剤」が頭皮に良くないのでしょう。
それは、洗浄成分が強力すぎて、皮脂を根こそぎ落としてしまうからです。

 

おすすめの界面活性剤配合シャンプーは、アミノ酸系のものです。
なんといっても天然成分ですから、頭皮に優しいというメリットがあります。

 

シャンプーを見きわめるポイント

頭皮に良いシャンプーを見分けるにはズバリ「色」です。
シャンプー剤が透明なら、アミノ酸系である場合が多く、一方、「合成界面活性剤」配合のものは、白濁色か、何らかの色が付いています。

 

さらにもう一つ見分ける方法があります。
それは成分表に「●●硫酸」という表記がないものを選ぶようにしましょう。

 

コンディショナーはとくにどれを使用しても問題ありませんが、頭皮に付けないように気をつけましょう。
毛先にもみこむように使用することで、頭皮環境を悪化することはありません。

 

実はドライヤーの熱は、頭皮に悪影響を及ぼす?

毎日、入浴後に、ドライヤーで気をつけたいのは、頭皮に直接、熱風を当てることです。

 

女性の場合、ぺたんこ髪を防ぐために、根元を立ち上げてふんわり仕上げるために、つい根元のブローに力を入れがちですが、育毛にとってはよくありません。

 

タオルドライ後に、ドライヤーを使用せず、自然乾燥するのが頭皮環境にとっては理想的です。

 

一般的なドライヤーは頭皮から5センチ離れたところから出ることを想定し、その時の温度が100度から110度になるよう設計されています。
実際にこの熱風を頭皮に当てると、すぐに乾燥してしまうでしょう。

 

しかし、わざわざ、熱風の力を借りなくても、人間の体温は36度前後あるので根元から5センチくらいの髪はタオルドライ後30分もすれば、乾いてしまうのです。

 

どうしても濡れた髪が気になるときは、毛先だけにデリケートに風をあてたり、あるいは冷風で乾かすことをおすすめします。。

 

育毛にはやっぱり血行促進!

育毛促進のための効果的なエクササイズとは?

百会
薄毛対策にとって大切なのは、なんといっても頭皮の血行を良くすることです。

 

美髪を育てる毛母細胞に酸素や栄養を届けるのは血液です。
そのため貧血や冷え性の人、ふだんから冷たい飲み物が好きな人はとくに注意が必要なのです。

 

またダイエットをしている人や、運動不足の人も血行が良くない可能性があるため、きれいでコシのある髪を作るにくい体内環境を作っています。

 

血行促進にも効果的な方法は、頭皮を上げ下げするマッサージ。
毎日続けるうちに、髪に心地よい刺激が加わり、しだいに健康を取り戻すことができるでしょう。

 

さらに育毛効果が高いと言われている、エクササイズがあるのでご紹介しましょう

 

からだの3ヶ所を同時に刺激します。
@頭のてっぺんにある「百会」(ひゃくえ)のツボを片手の中指で押しながら、
Aお腹の中心あたりをドライヤーの温風であたためます。
Bさらに同時に、足の小指の外側を、反対側の足のかかとで踏みます。

 

@のツボは、頭皮の血行を促進します。
ABは、「腎経」の経絡が通る場所なので、ここを刺激することで、血行が良くなり、薄毛改善へと導いてくれます。

 

食事について

毎日の食事も、美しい黒髪を作るうえで大きく影響を及ぼします。
人間の体は生命維持に必要な臓器に優先的に栄養をまわします。
そのため、生存には無関係な髪や爪への栄養補給は後回しになりがち。

 

ダイエットなので栄養が十分な栄養が行き届いていない場合、真っ先に影響を受けるのが髪や爪なのです。

 

食事制限によるダイエットは極力控えるようにしましょう。
髪のためには、バランスの良い食事を心がけるのが大切。

 

まとめ

この記事で説明した方法は、自宅で実践できるかんたんなものばかり。
薄毛は育毛ケアしだいで、十分に改善できます。

 

毛母細胞にたっぷりの栄養を届けて、ツヤとコシのある自然で美しい黒髪を育てるようにしましょう。

 

当サイトでは、信頼できる女性向け薄毛用発毛剤をご紹介しています。
育毛メソッドを実践しながら、発毛剤を利用することで薄毛改善に希望が見えてくるでしょう。